あだ名がちょび髭

No Comments

脱毛をした後の女性
私の中学生時代のニックネームは、残念なことに「ちょび髭」でした。

これは私が必要ない毛の処理をサボって口元の濃い毛がちょび髭のようになっていた事からつけられたあだ名でした。

大変不名誉なあだ名で、言うまでもなく私は気に入っていなかったし、馬鹿にしてくる生徒たちに怒りが沸いていました。

この事から常にコンプレックスだったのです。

必要ない毛の事を言われるのがすごく嫌でちょび髭呼ばわりをされないテクニックを探しました。

それが脱毛でした。

脱毛をしたらもう二度と必要ない毛が生えて来なくなります。

そうなると今後先は悩ましいしなくても必要ない毛が生えてちょび髭みたいになる事が防げるのです。

この嬉しくないあだ名を呼ばれないようにするために私は脱毛を行いました。

必ずにちょび髭なんて呼ばれるのは嫌だったのです。

顔の脱毛をするケースは怖いは怖かったです。

だって熱エネルギーで細胞を打破すると聞いて怖くないわけがないのです。

「痛んだろうな」と怖がりながら脱毛施設へと行きました。

加えてそこから私の長い脱毛は始まったのです。

脱毛は1回では終わらなくて何回も通いました。

苦痛は思ったほどではなかったです。

ただ私は口元の必要ない毛が濃いので常識的の人よりも長めに通いましたね。

またやっと脱毛完了です。

脱毛が終わった日は祝杯を上げるくらいに喜びました。

脱毛後は誰も私をちょび髭呼ばわりしなくなったのです。

それどころか顔の必要ない毛が無くなってから前よりも断じてモテるようになりました。

これも丸ごと脱毛成果です。

脱毛をするようにして大成功したのでした。

Categories: 脱毛豆知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です